置いていても使わないもの

月曜日の修羅場を越え、問題解決に動き出した。

仕事ってスムーズにいかないなぁ( ;´Д`)

まぁここで一区切り出来たらあとは楽かな。

 

 

さて、今日のテーマ。

置いていても使わないもの。

置いていても使わないもの

そう、例えばイヤホンに着いている

イヤーピースのサイズ違いのもの。

いくら予備用だとしても

自分の耳とサイズが合わないものは

この先、日の目を見ることはないでしょう。

 

なぜなら自分の耳とサイズが合わないから(2度言う)

 

サイズが合わないものを着けていても

ストレスでしかないです。

経験済みです←

イヤホンぷにぷにと回想

イヤーピース、別名イヤホンのぷにぷにを無くした私は

妥協して同じメーカーのサイズ違い(大)をつけました。

耳に入らず、入ってもすぐ外れるというストレスループに落ち入り、

家に帰ってすぐに別メーカーの小さいサイズをつけました。

合わないサイズのは何故か仕舞い込みました←

 

この日のイヤホンぷにぷにが残っているわけですね。

使いません。

 

ちなみに今回の整理で妥協したサイズの

イヤホンぷにぷにをつけて今日出勤してみましたが

やはりストレスにしかなりませんでした。

改めて結論

何度もお伝えしている通り、

サイズ違いのイヤホンぷにぷに(イヤーピース)は

使いません!!!

ほんまにマジでとてつもないストレスでした_(:3 」∠)_

 

 

 

…というわけで。

日々断捨離と整理整頓を繰り返している氷飴でも

まだまだ絶対に使わないものを保管していたりします。

 

上手いこと収納していると

なおさら気付きにくいです。

 

大きさ関係なく、断捨離や整理整頓時には

今後使う予定はあるか。また、それは明確な条件か。

を、自分に問いかけてみるのも1つの手かも知れません。

 

「いつか〜」とか「そのうち〜」ってのは忘れがちです。

使用する日を引き延ばしてまで置いておきたいかって話です(´ε` )

蛇足

イヤホンぷにぷにのサイズ違いを使うことがある人は、

①耳穴のサイズが自由自在

②家族でイヤホンぷにぷにの共有

③耳たぶで落ちないように支えてる

上記いづれかが当てはまる人ではなかろうかと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA